出展者インタビュー

ミズノ株式会社Interview

ミズノ株式会社

ワークビジネス事業部
事業企画部
次長香山 信哉 氏

※第5回猛暑対策展 出展
色々なお客様の要望や需要、お悩み事を聞きたいという狙いもあり、出展を決めました
ワークという視点から、いかにお客様の声を聞くか
事務局
はじめに、香山様の携わっている事業内容とお立場をお聞かせ頂けますか。
香山氏
私はワークビジネス事業部という部門に所属しています。
スポーツで培ってきた様々な技術とノウハウを“働く方たちにも提供したい”というコンセプトに基づいて開発された商品をとり扱う事業を担当しています。
事務局
ありがとうございます。今回のご出展に関するお立場をお聞かせいただけますか。
香山氏
事業責任者として出展に関わっています。
事務局
日々感じている課題があれば、お聞かせ頂けますか?
香山氏
従来はスポーツに関する事業という形で、店舗を中心にビジネスをしてまいりましたが、現事業部においては「ワークという視点から、いかにお客様の声を聞くか」が課題になっています。企業様ごとに様々な課題がありますので、必要なものもそれぞれ異なります。こういった場で、色々なお客様の要望や需要、お悩み事を聞きたいという狙いもあり、展示会に出展しています。
視察を通じて、内容や出展企業も含め、どういった関係者が会場に来ているのか確認
事務局
ありがとうございます。市場リサーチも含めてのご出展なのですね。
この展示会を知ったきっかけを教えて頂けますか。
香山氏
この事業に取り組み始めてから、様々な展示会を調べたのですが、そのなかで、2018年にこの猛暑対策展に視察に来ました。展示内容や出展企業も含め、どういった関係者が会場に来ているのかを確認しました。そうした活動のなかで、弊社はこの猛暑対策展に出展するのがいいのではないか、という判断になり、今年度初めて参加しております。
事務局
色々な展示会を調べる中で、猛暑対策展を知っていただいたということでしょうか。
香山氏
はい、展示会のテーマに即した夏対策の商品も弊社としては数多く取り扱っております。他社様のブース等も拝見し、どういったものが展示会場で展開されているのかを現場で確認した上で、今年度の出展という形で決めさせていただいた形です。
事務局
ありがとうございます。ご出展に関して何かハードルはございましたか。
香山氏
いえ、特にはありませんでした。これから本事業を新しくPRしていこうと決めるタイミングでしたので、こちらの展示会に関しては、早々に検討し、弊社の事業にマッチするような商品が多いということで真っ先に出ようと決めました。
事務局
ご出展の決め手はどのようなポイントでしょうか。
香山氏

出展の決め手は、昨今いろいろな形で社会問題になっている猛暑対策に関連する商品ラインナップを、弊社で取り揃えることができましたので、この展示会に決めたということです。

業種的には、色々な企業様にご提案できる可能性があるのですが、現段階では、ある程度限られた業種向けの商品、ラインナップしかできておりません。弊社がご提案可能な業種の方が数多く来場されるであろう展示会に今後も出展し、ミズノがこういったビジネスに取り組んでいることを、広く認知いただくような取り組みをしたいと思っています。

新しいお得意先も広げていくことも含めて、こうした場を利用させていただこうと思っています。

建設業・工場の方を中心に新しいお取引やお話ができました
事務局
ありがとうございます。まだ初日ですが、ご出展の感想をお聞かせいただけますか。
香山氏
様々なかたちで、弊社商品の対象となる企業の方、業種の方と新しいお取引やお話ができましたので、明日、明後日も非常に期待しております。
事務局
実際にどういった業種の方がお見えになったときにお話がはずみましたか。
香山氏
熱中症対策・猛暑対策で困られている建設業関係の方や、工場の方、あるいは既に対策を取られていてもなかなかうまくいってない方々などが、新しいものを探しに来られました。そういった方がたに、弊社ならではの商品を体感いただくと、非常に良いという評価をいただけることが多かったですね。
スポーツ領域の技術を応用した快適な製品
事務局
ブースで実際に効果を体感いただける展示になっているのですね。どんな特徴をお持ちなのか、教えていただけますか。
香山氏

エアリージャケットというファンつきの作業服を、今回メインで展開しています。弊社が得意とするスポーツ領域の技術を応用した、ラグビーの練習用ジャージで使われるような非常に耐久性の高い生地を使った商品で、やぶれや摩擦に強いという特徴があります。

また、暑さ対策という観点からすると、ジャケットの中の空気をいかに外に出すかが重要になってきますので、空気の通り道を設計するにあたり、様々なスポーツウェアをつくってきた経験、ノウハウを活用しています。結果として、他社さんの製品に比べても非常に動きやすい、快適性のあるエアリージャケットになっています。

事務局
大変お忙しいところ、ご協力頂きまして、ありがとうございました。

ミズノ株式会社
https://www.mizuno.jp/working/

出展者インタビュー一覧に戻る

PAGE TOP

PAGE TOP